• AZP

Day 36- Re Entry Japan Part 1


First of all I would like to thank you to Tokyo controller who allowed me to fly over Noto Airport where has same Highschool of where I graduated. It’s aviation high school and recently 97 students got Covid-19. All of them are minor symptoms. I thought this is only way I can motivate some of them so I requested 3 times to request fly over the school. The male controller denied two times and then female controller took over. I asked her again and she said NO. However later on, she asked a good question-“why you want to go over there? I introduced myself and explained the situation. Then she said “let me think about it”. Yap I flew over my school and I am hoping that some of student saw it and these kids make Japanese aviation better in the future. I’m counting on them.

今回、日本の空を自由に飛べないと知らされた時、航空学園の後輩には絶対やってあげたいことがあった。そう母校の上空を飛ぶこと。本来は給油地として停泊予定だったから機体を見てもらうことを楽しみにしていた。しかし不運が重なる。日本政府からの入国禁止と後輩達がコロナに感染したというのだ。軽症だとしても大きなスポーツ大会を辞退せざるを得ない学生もいるという。慰めにはならないかもそれないが、一か八か、管制官に頼んでみようと2回頼んで拒否され、女性の管制官に変わった時にもう一度。見事、3回とも拒否されたが、この女性は頭がよかった「なぜそんなに能登に行きたいのですか?」 僕は日本語で自己紹介をし今回のフライトの重要性を訴えました。すると10分後、「ルート変更の指示をします。準備はよろしいでしょうか。。。?」 高度が高かったので、子供達にはあまりにも小さくしか見えなかったと思います。でもきっと一人や二人の子供たちの心に僕の想いが刺さるはずだと信じて飛びました。そしてそんな異端児が必ず日本の航空をリードしてくれると信じています。




2 views0 comments

Recent Posts

See All